肥大型心筋症にかかってしまった白猫ポンと治療について
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00092_convert_20090107194348.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします

お正月のポンは、お歳暮で頂いたお菓子の空き箱が気に入った様子で
ず~っとその中に入っていました。
寒そうだからと思ってマットを敷いてあげたら、そこから離れなくなってしまって・・・
なかなかゴミが片付きません

DSC00097_convert_20090107194235.jpg

昨年5月に病気が発覚しましたが、その後数ヶ月は怒涛の毎日を過ごし
現在は病気になる前と全く変わらず穏やかに過ごしています。
年寄りだから外に暴れに行くことも少なくなり、部屋でゴロゴロしていることが
ほとんどのポン。たまにキキと叩き合いをしていますが、すぐに終わります。
そんなゆったりした生活が続いています。
安静にしておく方が良いので、ポンにはぴったりな毎日の過ごし方です。

実は最近、お薬も飲ませていません。
嫌がって暴れて、それを押さえつけて飲ませて・・・。
挙句の果てに副作用で毛が抜けていく。
もうこの世に生を受けて15年。
こんな嫌がることばかりしないで、ゆっくり過ごさせてあげたい。

そんな気持ちからです。

でも、決してあきらめているわけではないので誤解しないで下さい。

もちろん獣医さんにも伝えました。
でも「わかりました。でも、何かあったらすぐに連絡してくださいね。」と
言っていただけました。

もう1ヶ月以上お薬は与えていませんが
特に変わった様子はありません。


この先どうなるか私にもポンにも分からないけど
ポンの調子を見ながら、これからのことを考えていきます。

先日、ポンの1ヶ月後に前肢麻痺を起こした小熊太郎さんのところの
チビちゃんが天国に旅立ちました。
病後も順調に回復されていたので、正直言って今回の肺水腫も
乗り越えて回復されると思っていたのですが。。。ショックでした。
ほんのちょっと前まであんなに元気だったのに。
やっぱり恐ろしい病気なのだと再認識させられました。

チビちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
早く医療技術が進歩して、心筋症の完治ができるように願うばかりです。




スポンサーサイト
今日はポンや病気とは別の話になりますが・・・

PM7:00ごろ、仕事中の私に母からメールが来ました。
「またあの猫に噛みつかれた。ひどく痛い・・」と。

半年位前に、近所のちょっと大きな猫ちゃんに2度も襲われている母。
そのときは両足のスネを噛まれ、血は止まらないしかなり腫れてました。
そして歯型というのか、ボコボコと何箇所も穴が空いている感じで
特に病院には行かず、1ヶ月くらいで治りました。

でも今回は足首の前の方を噛まれたとのこと。
すぐに仕事を切り上げて、家へ向かいました。

家に着くと、痛みのせいで足を動かせない母の姿が。。。
筋を噛まれたようで膝から下を曲げることが出来ませんでした。
近所の病院へ電話をして、慌てて駆け込みました。

経緯を聞いてみると、お昼ごろ庭の草むしりをしていたら
以前噛み付いた猫ちゃんが擦り寄ってきたので、何気なく立ち上がったところを
ガブっと噛まれたそうです。直後は痛くなかったらしく、1時間くらい昼寝をして
起きたら激痛がしていたとのことでした。

先生には、「何ですぐに来なかったんだ!」と怒られました。
猫ちゃんの口の中には細菌がいるから、感染症を起こしてしまうそうです。

病院では患部の洗浄と抗生物質の点滴をしてきました。
少し痛みは引いたみたいですが、あと数日は毎日点滴をうちに行かなければなりません。
痛みがピークの時は全身が震えていました。
こんなことってあるんだ・・・とちょっと怖くなりました。

犬に噛み付かれるのは痛いイメージがありますが、猫に噛み付かれるのは
じゃれているときの甘噛みのイメージがあったので

明日の朝も点滴へ連れて行ってきます。
明日は血液検査と筋の検査で、キズの具合によっては整形外科へ移されるそうです。

ちなみに、ポンの病院の斜め前の病院です。
なんか、その辺ばっかりうろうろしているなあ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。